託児所付きの薬剤師求人はあるのか?

託児所付きの薬剤師求人はあるのか?

 

産休・育休からの復職を目指し、子供を保育施設へ預けることを検討するママさんは
多くいらっしゃるかと思います。しかし、保育施設への入所待ちとなっている、いわゆる
「待機児童」の数はここ数年で増々上昇していると言われています。

 

女性薬剤師も例外ではなく、両親のサポートが得られなかったり、保育施設への入所が
困難な為に退職を決断してしまう方もいるようです。

 

当ページでは、保育施設への入所事情や、ママ薬剤師が利用できる保育施設について
ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

1: 子供を預けられる場所とは?

 

働く女性が小さい子供を預けられる場所としては、次の通りです、

 

<子供を預けられる一般的な場所>

  • 認可保育所
  • 認可外保育所
  • 認定こども園
  • 家庭内保育事業

 

認可保育所

認可保育所は、国が定めている基準をクリアした保育施設であり、政府お墨付きの
施設として認可されています。具体的な基準は、施設の広さ・設備・有資格者の
人数など多岐に渡っています。

 

認可外保育所

認可外保育所は、国が定めている基準を満たしておらず、正式な認可が下りていない
保育施設です。例えば、従業員の子供を預かるための企業内保育施設や、自治体が
運営しているボランティア施設など、運営形態や保育料は様々です。

 

認定こども園

認定こども園は、都道府県知事が条例を下に認可した保育施設です。種類も様々で、
幼稚園型や保育所型もあれば、小学校就学前の児童を預かり教育する施設もあります。
保育料は、それぞれの地方自治体によって決められています。

 

家庭内保育事業

個人宅で児童を預かる為の保育です。有資格者である保育ママが預かるのが
一般的で教育方針や保育料などは、収入に応じて決められます。

 

 

以上が、働く女性が子供を預けられる一般的な保育施設です。しかし、都内を中心に
認可保育園の待機児童数は以前として多く、認可外の児童も合わせると全国で3万人
以上の児童が認可保育園への入所を待っている状態です。

 

最近になって、新都知事が保育施設の増設を公約に掲げていましたが、環境が十分に
整うまでには時間がかかりそうです。

 

2: ママ薬剤師の為の託児所付きの職場とは?

 

以上のように、認可保育園への入園が難しいママの為に増えてきたのが託児所付きの
職場です。例えば、女性社員の多い大手化粧品メーカーやアパレルメーカー等が率先して
社内に託児所を設置したことが話題になりました。それを機に、他の大手企業もスキルの
ある女性社員が離職してしまうことを防ぐ為にも、託児所の設置を検討し始めました。

 

医療企業も例外ではなく、女性薬剤師が子供を預けられる託児所付きの職場も
徐々に増えてきました。具体的には、次のような職場があります。

 

<託児所付きの職場>

  • 病院、クリニック
  • 調剤薬局、ドラッグストア
  • 企業

 

病院、クリニック

託児所の設置数が最も多いのが「病院内」です。但し、小さい個人病院などではなく
大規模な総合病院などが中心となっており、スタッフの多い病院であれば、都市部
だけでなく地方でも、託児所付きの職場を多いようです。

 

大規模な総合病院では看護師、薬剤師をはじめ女性職員が非常に多いので、
「長く働いてもらう為にも少しでも子育てと両立しやすい環境を用意する」といった考えが
浸透しているようです。

 

調剤薬局、ドラッグストア

全国展開している大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアの中には、従業員向けに
託児所を設置しているケースがあります。事業者内にある店舗は少ないですが、
近辺に設置されている場合が殆どですので、ママ薬剤師にとっては通勤帰宅途中で
子供の預け迎えができるので、とてもありがたいのではないでしょうか。

 

また、病院の門前にある薬局などでは、病院内に設置された院内保育所を使用
させてもらえるケースもあります。通常は、病院内で勤務する看護師・薬剤師などの
従業員のみが利用できる施設ですが、薬局側が交渉して利用許可を得ている
場合は例外的に利用できます。

 

企業

製薬会社が企業内に託児所を設置しているケースもあります。
国内大手メーカーだけでなく、外資系メーカーも福利厚生を手厚くしていることは多く、
その一環として託児所を設置しているようです。

 

3: 託児所付き求人はどれくらいある?

 

例えば、私がお世話になったファルマスタッフの求人検索で、「託児所あり」にチェックを
入れて検索をかけると全国で1,500件ほどの求人数がヒットします。
これを、関東エリア(東京・埼玉神奈川・千葉)に限定してみると350件ほどになります。

 

ファルマスタッフは調剤薬局の求人数が多い反面、病院や企業の求人が少ないので
結果は多少偏ってしまいますが、それでも決して託児所付きの職場が多いとは言えません。

 

ですから、就職・転職活動時には「託児所付きの職場が見つかればラッキー♪」くらいの
感じで考えておいた方が現実的だと思われます。

 

例えば、神奈川県にある市立病院の院内託児所をサンプルとしてご紹介します。
病院内に保育室が設けられており、職員の夜勤シフトも考慮されています。

 

<病院内託児所の一例>
保育対象:0歳から小学校入学前までの乳幼児
保育条件:当該病院に勤務する職員の子供
定員:30名程度
保育時間:午前7:30〜午後7:00(ほぼ24h稼働)
保育日:年末年始以外

 

総合病院内の保育施設では、上記のような募集パターンが一般的です。
運営形態は職場によって異なるものの、女性職員を支援する取り組みを行っています。

 

4: 子育てしやすい働き方を選ぶのも有り

 

子育てが始まると、子供が急な熱を出したり、行事に参加したり、役員を務めたりなど
仕事と両立する上で様々なハードルが生じます。その為、制約の多い正社員ではなく
融通の利くパート・アルバイトという雇用形態を選ぶ女性薬剤師も多くいます。
パート・アルバイトであれば、自宅から近い職場で働くことができますし、基本カレンダー
通り休めますし短時間勤務も可能です。給与以外では多くの面でメリットがあります。

 

パート・アルバイトだとキャリアが積み上がらないと考える方もいますが、子育てが一段落
したら社員に転換することも薬剤師であれば十分可能です。事実、管理人の周囲で
働いている社員さんも、子育て中はパートとして働き、子供の小学校入学のタイミングで
社員として再就職された方も多くいらっしゃいます。

 

5: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
子育てと仕事を両立する為に、子供を託児所に預けられるかどうかは重要な問題です。
もし、託児所付きの薬局の求人を探すのであれば、薬剤師向けの求人サイトを利用
して担当コンサルタントに依頼してしまったほうが効率的かつ確実に見つかるはずです。

 

調剤薬局での就業を考えているのであれば、調剤薬局の社員・パートの求人数が
圧倒的に多いファルマスタッフが個人的におすすめです。

 

ぜひ、仕事と子育てを両立できるベストな環境を見つけてください!


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト