ウコンの効能について

ウコンの効能について

ウコンの効能について詳しく解説します!

 

 

 

今回は、漢方薬剤師としても見識が深いと思っている「ウコン」について取り上げます。
ウコンはここ数年で大手食品メーカーが販売しているウコンドリンク等の影響で
ますます認知度が上がってきました。しかし、実際にはウコンは別名ターメリックという
存在で、カレーのルーには昔から使用されているスパイスでもあります。

 

そんなウコンですが、最近ではアルコール対策としてウコンの主成分クルクミンが
注目されています。このクルクミンについて深く掘り下げてみると共に、お酒に
弱い方がお酒とどうやって付き合っていけばよいのか、ヒントをご紹介します。

 

お酒に弱い体質を変えることは

そもそも「お酒が弱い」というフレーズですが、これはどういうことでしょうか。
アルコールは体内で吸収されるとアセトアルデヒドという有害物質に変化し、
その後酵素などの働きによって酢酸となり、無害化されたのちに尿となって
排出されます。

 

「お酒がよわい」つまり、下戸の方はこのアセトアルデヒドを分解する力が
弱く、体内に毒素が蓄積しやすい体質となっています。その為、お酒を
飲むと、いつまでも毒素が排出されない為、体がだるくなったり頭痛を
生じたりしてしまいます。

 

アルコールハラスメントについて

最近では、徐々に一気飲みの強要などのアルコールハラスメントが減ってきましたが
それでも今だに会社の飲み会などでアルコールの強要が行われているようです。
下戸の方が、大量のアルコールを一度に摂取すると、アセトアルデヒドが過剰に
蓄積してしまい、アルコール中毒症状を発症します。最悪の場合、死に至る行為
ですので、一気飲みは決してすべきではありません。

 

ウコンによるアルコール対策は有効!

下戸の方は、会社の付き合いでどうしてもビール一杯を乾杯時に飲まなくては
ならない場面も出てくると思います。それでは、そのような場合どうしたら良いでしょうか。
答えは、できる限りアルコールの影響を少なくする、ことが重要です。

 

そこで活用したいのがウコンです。ウコンに含まれる主成分クルクミンには、肝機能を
強化し、アセトアルデヒドの分解を促進する効能が確認されています。その為、
飲酒前にクルクミンを体内に吸収しておくと、悪酔いすることがなくなりますし、
翌日にお酒が残って二日酔いになる確率がグンと下がります。

 

ただし、クルクミンの成分は飲酒後に摂取しても、効能が半減してしまうので、
かならず飲酒前2〜3時間前までには摂取しておくことが重要となります。

 

飲酒前の心掛けが最も大事

ウコンを摂取するほかに、飲酒前にできることは多くあります。
特に心掛けたいのが、糖分を摂取してブドウ糖を肝臓に蓄えておくことです。
肝臓がアルコールを分解する際、ブドウ糖を大量に消費しますので、ブドウ糖の
貯蔵があればあるほど、アセトアルデヒドの分解がはかどるようになります。

 

逆に、ブドウ糖が空になってしまうと、アセトアルデヒドを分解しきれずに毒素が
体に残ってしまい、高確率で二日酔いになってしまいます。ですから、飲み会の
ある日は、飲酒前1〜2時間前までには糖分を摂取するようにしましょう。

 

おすすめの食べ物は、チョコレートなどの糖分と脂肪分をバランスよく含んでいる
食品です。脂肪分も、アルコールの吸収速度を遅くしてくれて、酔いにくくする
ありがたい成分ですので、糖分との相乗効果が見込めるはずです。
また、果汁ジュースやスポーツドリンクも吸収が早く、十分な糖分を補給できるので
おすすめです。

 

飲酒後は水分補給をしっかりと

飲酒後は水分補給をしっかりと行い、お酒の影響を残さないようにしましょう。
アルコールを摂取すると、思った以上に体の水分を消費します。ですから、
本人が気づかないうちに脱水症状となってしまうケースもありますので、
素早く水分補給することがとても重要です。

 

水分補給する際は、経口補水液やスポーツドリンクが最もお勧めです。
水分だけでなく、体に足りなくなった栄養分であるカリウムやマグネシウムなどを
素早く補給できるためです。

 

また、飲み会のあった日は、まっすぐに帰宅して、水分補給を行った後は、
できる限り早めに床につくようにしましよう。睡眠を十分に取ることで、
内臓も休息することができ、アルコールの分解で疲れ切った肝臓を
休ませることができます。

 

まとめ

 

下戸の方であっても、うまく対策することでお酒と付き合ってくことは可能です。
例えば、こちらのウコンの効果をまとめたサイトでは、下戸男性の方がウコンを
活用することで、お酒の弱さを克服している体験談が掲載されています。
参考になるかと思うので、チェックしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト