薬剤師パートの事情 | ブランクからの復帰準備は何をする?

薬剤師パートの事情 | ブランクからの復帰準備は何をする?

ブランク明けで現場復帰が不安な人がすべき事について解説!

 

出産・育児による長いブランク明けで薬剤師として現場復帰することに
不安を抱かれる方も多いのではないでしょうか。

 

管理人も双子の出産・育児のため3年以上のブランクがあり、パートと言えど
復職することに大きな不安を抱えた記憶があります。

 

当ページでは、これから現場復帰を考えている方が不安を解消するために、
何をすべきかについて、管理人の経験をベースにご紹介したいと思います。

 

不安の原因

 

子育てとの両立を考えている女性薬剤師が抱く不安の原因は、
大きく次の3つ点にあると思われます。

 

  • 子育て・家事と両立できるかといった不安
  • 新しい職場で仕事をこなせるかといった不安
  • 知識が最新化されていないことへの不安

 

子育て・家事と両立できるかといった不安

初めての出産を終えて、育児と仕事を両立できるか不安を抱かれるケースです。
たとえば、子供が急に熱を出して、仕事を休んで病院に連れていかなければならなかったり、
学校の行事と重なって休む必要に迫られてしまうことがあります。

 

親族のサポートを十分に受けられるのであれば問題ないかもしれませんが、夫婦のみで
子育てをしなければならない場合、突発的な休みや遅刻・早退を繰り返すことで、
周りに迷惑をかけてしまうといった心配をして復帰に不安を抱いてしまう方は多いです。

 

新しい職場で仕事をこなせるかといった不安

長期のブランクが空いてしまうと、現場感覚を取り戻すために時間がかかります。
ましてや、就職したばかりで同僚との人間関係も築いていく必要もあるので、
なかなか苦労されている方も多くいらっしゃるようです。

 

知識が最新化されていないことへの不安

長期のブランクによって、調剤報酬の改定や新しい医薬品をはじめとする学ばなければ
ならない知識が多くあり、現場に立つための自信が失われているかもしれません。
自信を持って職場復帰を果たすためには、効率的に知識を再習得する必要があります。

 

復帰への不安解消の為にできること

 

以上のような復帰に向けての不安を解消するためには次のような対処がおすすめです。

 

  • 求人サイト利用する
  • 復職支援の整った職場を選ぶ
  • 復職に向けて勉強する

 

求人サイト利用する

子育てと仕事を両立させる為には、職場選びがとても重要となります。
職場によって欠勤・早退・遅刻に理解のある職場もあれば、そうでない職場もあります。
一部の求人サイトは、勤務人数に余裕があり交代しやすいか、同じ境遇の子育てママが
多く勤めているかといった内情まで正確に把握しているので、ハローワークや求人誌などを
利用するよりも職場環境を見極めやすいというメリットがあります。

 

また、担当コンサルタントは求職者の不安についても相 談に乗ってくれますので、
自分1人で悩むよりも建設的な助言をしてくれるはずです。

 

復職支援の整った職場を選ぶ

職場によって復職支援体制の整っているところもあります。たとえば、ブランク明けの
ママ薬剤師の方には先輩スタッフが業務に慣れるまでOJTを行ってくれる職場もあります。
また、ブランク明けで復職をするのであれば、繁忙な職場よりも比較的ゆったりとした職場
のほうがお勧めです。求人サイトでは、薬局の勤務体制や1日の平均処方箋枚数などを
元にその薬局の繁忙度を教えてくれますので、ぜひ訊きだしておきましょう。

 

復職に向けて勉強する

医薬品の世界は日進月歩で、製薬メーカーから新製品がどんどん発売されています。
また、調剤報酬の改定内容やニュースについても目を通しておく必要はあります。
ブランク期間中は、このような知識がぽっかりと抜け落ちていることも多いので、
最新の知識を身に着けておくことで、現場にも自信をもって復帰できるはずです。

 

管理人の場合、求人サイト登録時に受け取った日本調剤監修の保険調剤テキストを
使用して、知識の復習と最新化を行ったことで比較的スムーズに職場復帰することが
できました。

 

※保険調剤テキスト(最新版)は、ファルマスタッフの会員登録時の特典です。
基礎事項から服薬指導のポイント、調剤報酬の改定にも対応しており、
知識のおさらいから最新知識の習得までブランク明け薬剤師必携のテキストです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ブランク明けから職場復帰するには大きな不安が付きまとうのが普通です。
ですが、働きやすい職場を選択することや、あらかじめ勉強をしておくことで
その不安を少なくすることは可能です。

 

ぜひ、できる限りの対策をして、子育てと仕事をうまく両立してください!


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト