薬剤師パートの事情 | 扶養内・扶養外どちらで働くべき?

薬剤師パートの事情 | 扶養内・扶養外どちらで働くべき?

パート薬剤師の扶養内・扶養外の働き方について解説!

 

パートとして働く場合、「働き過ぎると損してしまう?」「扶養から外れるとどうなるの?」
といった疑問が生じて、年間でどれだけ稼ぐのがベストなのかよく分からないといった方も
いるのではないでしょうか。

 

当ページでは、パート社員として働く際の税金・保険料・扶養についての注意点を
詳しく解説したいと思います。

 

 

 

1: 扶養の範囲内で働くとは?

 

パートとして働く場合、扶養の範囲内で働くことにこだわる方は多くいます。
この「扶養の範囲内で働く」という意味を、誤って認識されている方も時折
いますので、始めに触れておきたいと思います。

 

一般的に、扶養の範囲内と言うと、年収103万円以下に抑えることだと
認識している方が多いかと思います。というのも、年収103万円以下であれば、
配偶者が税金面で控除を受けられる所謂「配偶者控除」が適用される為です。

 

「配偶者控除」とは、配偶者の所得が一定金額以下であれば、扶養している人の
所得税や住民税の負担額が軽くなる仕組みのことです。例えば、妻の年間パート収入が
103万円以下であれば、妻は所得税がかからず、加えて扶養者である夫の税金負担が
軽くなり世帯収入が増える可能性があります。その為、配偶者控除を受けないと
「夫の税金額が高くなってしまうので損!」と考える方が多くいると思われます。

 

一方で、配偶者控除だけでなく、「社会保険」についても考えなければなりません。
社会保険とは、健康保険と公的年金の2つを指しますが、夫が会社員の場合、
妻の年収が130万円未満であれば、夫の扶養内として手続きしてくれるので、
妻自身が保険料を払う必要はなくなります。しかし、妻の年収が130万円以上に
なると夫の扶養から外れてしまうので、妻自ら健康保険(会社の健保、国保など)に
加入して保険料を支払わなければなりません。

 

以上のように、「扶養の範囲内で働く」と言っても、税金面では年収103万円以下、
社会保険では年収130万円未満を指すことになり、両方の点を考慮する必要が
あります。

 

 

2: 扶養に関わる3つの年収の壁

 

前述の通り、扶養内・扶養外という観点でパートの年収を考える際、
「年収の壁」と呼ばれるラインが次の3つあります。

 

<年収に関する3つの壁>

  • @ 103万円の壁
  • A 130万円の壁
  • B 106万円の壁

 

@ 103万円の壁

前述の通り、年収103万円以内で働くと下記の2つのメリットがあります。

 

<103万円以内で働く2つのメリット>

  • 所得税がかからない
  • 配偶者控除を受けられる(= 世帯主の税金が安くなる)
  • 配偶者の社会保険に加入できる

 

例えば夫が会社員で妻がパート勤めとすると、妻はパート収入に対する所得税がかからず、
夫は住民税・所得税の負担額が減額されるということです。配偶者控除はもともと配偶者が
無収入や低収入だった場合に、税金面で配慮してあげようという目的で作られた制度ですが、
後述する「106万円の壁」の制定と共に廃止される予定です。

 

A 130万円の壁

年収130万円以内で働くと下記のメリットがあります。
(※年収103万円を超えると、所得税がかかり配偶者控除もなくなります)

 

<130万円以内で働くメリット>

  • 配偶者の社会保険に加入できる

 

例えば夫が会社員で妻がパート勤めとすると、妻の年収が130万円以下であれば夫の勤める
会社の健康保険に被扶養者として加入することができ、保険料ももちろん無料です。
もし、妻の年収が130万円を超えてしまうと、妻は夫の扶養から外れて何らかの社会保険に
加入する必要があります。勤務先の社会保険への加入がベストですが、それができないと
通常は割高な国民健康保険・国民年金に加入しなければなりません。130万円を超えて
稼ぐ場合、社会保険料を差し引いた分を考慮すると、年収130万円〜160万円程では
逆に損する結果となってしまいますので注意が必要です。

 

B 106万円の壁

実は、2016年10月の改正によって、社会保険への加入義務が追加されました。
従来の「年収が130万円を超えたら自身で社会保険へ加入」という規定に加え、
「5つの要件全てに該当する場合、勤務先の社会保険へ加入」という規定が加わりました。
その5つの要件は下記の通りです。

 

  • @ 月収入が8.8万円以上(年収換算で106万円)
  • A 週の所定労働時間が20時間以上
  • B 勤務期間が1年以上見込まれる
  • C 学生でない
  • D 従業員500人を超える企業に勤めている
  • (※500人以下は2019年度適用)

 

このルールが追加されたことによって、これまで年収130万円以内に抑えてきて
夫の扶養内で働けていた人も、上記5つの要件に当てはまってしまい扶養から
外れ強制的に勤務先の社会保険に加入するケースも増えてきました。
ですから今後、パート社員として勤務する方は、損する働き方を避ける為にも
「106万円の壁」も意識する必要があるということです。

 

3: 年収160万円が損得の境界線!

 


 

上記の「扶養内・扶養外の具体例」のイメージを見てみると、パート収入が
年150万円を超えると、夫婦それぞれで税金・保険料を負担したとしても、
手取り額で損をすることは無くなるようです。逆に、130万円〜150万円の
範囲の年収の場合、税金と社会保険料の支払額が収入を圧迫するように
なり、扶養内(年収130万円以内)の手取り額と同程度となってしまいます。
ですから、パートとして勤務先の社会保険に加入し、バリバリと際限なく稼ぐ
であれば、年収150万円を1つの目安とすると良さそうです。

 

4: 扶養内で働くには高時給がネック?

 

パート薬剤師の時給相場は、全国平均で1,800円〜2,200円という調査結果があります。
パート薬剤師は全職種の中でもとりわけ時給水準が高く、通常のパート職員の平均時給と
比べても約1,5倍〜2倍程となっています。

 

その為、パートタイムと言えど、年収も通常であれば106万円(130万円)の壁は容易に
超えてしまいます。例えば、3つのスタイルで年収を計算すると次の結果となります。

 

@ 週5・フルタイム
時給2,000円×8時間×20日×12か月=年収480万0000円
A 週5・午前中のみ
時給2,000円×3時間×20日×12か月=年収144万0000円
B 週3・午前中のみ
時給2,000円×3時間×12日×12か月=年収86万4000円

 

時給2,000円で算出した想定年収ですが、働き方によって年収は大きく変わってきます。
仮に、午前中(3時間)のみ勤務したとしても、週5日でシフトを入れてしまうと年収は
106万円を大幅に超えます。もし、税金・社会保険で優遇される年収103万円以内に
抑えたいのであれば、「週3〜4・午前中のみ」といったシフトで調整し働く必要があります。

 

5: 扶養内勤務OKの求人数は?

 

扶養内で働きたいのであれば、「短時間・週2〜3日OK」の求人を探しましょう。
例えば、薬剤師パート求人数で約25,000件(2017年7月)と圧倒的な求人規模を誇っている
ファルマスタッフの求人検索で「’パート’ かつ ’扶養内勤務OK’」で検索すると約7,700件がヒットします。

 

<求人例@>

 

<求人例A>

 

<求人例B>

 

例えば、上記のようにヒットした求人を詳しくチェックしてみると、
「午前中のみ・週2〜3日からOK」といった求人も意外に多くあることが分かります。

 

6: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
パートとして就業する際、税金・社会保険についての理解が不十分でいると、
知らず知らずのうちに損してしまう可能性があります。
ぜひ、しっかりと知識を身につけたうえで、自身のライフスタイルに合うベストな
働き方を選んでみてください。

 

>>(関連記事) ファルマスタッフの特徴を詳しくご紹介


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト