薬剤師パートの事情 | 社会保険への加入要件は?

薬剤師パートの事情 | 社会保険への加入要件は?

パート薬剤師の社会保険への加入要件について解説!

 

パート社員として働く場合、年収103万円・130万円の壁について心配される方も
多くいらっしゃると思います、薬剤師はパート社員と言えど通常よりも高時給なので
勤務時間を気にせずに働いていると、知らぬ間に配偶者の扶養から外れてしまいます。

 

当ページでは、パート薬剤師として就業予定の方の為に、各種保険についての事情を
まとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

1: パート社員が加入できる保険の種類は?

 

パート社員として就業する場合、加入できる健康保険には次のパターンが
考えられます。

 

<パートで働く場合の選択肢>

  • 配偶者の扶養に入る
  • 勤務先の社会保険に加入
  • 国民健康保険・国民年金に加入
  • 薬剤師国保に加入

 

配偶者の扶養に入る

配偶者の社会保険の被扶養者として、可能な範囲内で働くパターンとなります。
年収が103万円以下の範囲であれば、配偶者控除により所得税が免除されます。
年収が103万円〜130万円の範囲であれば、所得税は免除されません。
年収が130万円を超えてしまう場合は、配偶者の扶養から外れることになります。

 

扶養範囲内の年収130万円以内で働くには、勤務時間に気を配る必要があります。
薬剤師はパートと言えど、一般的なパート職員と比べると時給が高く設定されていますので
勤務時間を計画的に組まないと、あっという間に勤務時間が累積していまし、年度末に

 

勤務先の社会保険に加入

年収130万円を超えて配偶者の扶養から外れる場合、健康保険への加入義務があります。
その場合、最も望ましいのが勤務先の社会保険に加入することです。勤務先の社会保険に
加入できれば、勤務先が保険料の一部を負担することになりますので、国民健康保険に
加入するよりも、だいぶ負担額が減ることになります。但し、勤務先の社会保険に加入する
為には、いくつかクリアすべき条件がありますので注意が必要です。(※後述します)

 

国民年金・国民健康保険に加入

年収が130万円を超えており、勤務先に社会保険が整備されていない環境に居る、または
勤務先の社会保険への加入要件が満たせない場合は、国民健康保険および国民年金に
加入する必要があります。国民年金は定額15590円(2013年度)ですが、国民健康保険は
前年度の所得によって変動します。国民健康保険は、企業の健康保険とは異なり全額
個人負担となりますので、支払う金額面で不利になります。

 

国民年金・国民健康保険に加入する際は、配偶者の扶養から抜ける手続きが必要です。
その後、役所にて国民年金・国民健康保険の加入手続きを取ることとなります。

 

薬剤師国保に加入

薬剤師は、薬剤師国民健康保険組合(薬剤師国保)と呼ばれる薬剤師会が運営する
健康保険への加入が可能です。但し、「勤務先の従業員が5名未満」という加入要件が
あり個人の意思で加入できる訳ではないので、実用性が不十分なのが残念です。

 

2: パート社員の社会保険への加入要件は?

 

パート社員として年収制限を気にせずに沢山働きたい場合は、やはり勤務先の
社会保険に加入できればベストです。過去、勤務先の社会保険に加入する為には、
「正社員などの常用雇用者の4分の3以上の勤務実績があること」という厳しい
要件がありましたが、平成28年10月1日の法改正によって加入要件が緩くなりました。

 

具体的には、下記5つの要件を満たすことで、勤務先の社会保険への加入が
可能となりました。

 

<パート・アルバイトの社会保険への加入要件>

  • @ 週の所定労働時間が20時間以上であること
  • A 賃金の月額が8.8万円以上であること
  • B 勤務期間が1年以上見込まれること
  • C 学生でないこと
  • D 常時500人を超える被保険者を抱える企業に勤めていること
  • (※500人以下の企業は2019年度から適用)

 

仮に、「時給2,000円で1日5時間を週4日」という雇用条件で働くとすると、
加入要件@とAを満たすことができます。Bについてはパートとして1年以上
働く予定であれば問題ありません。Cは薬学生でなければOKです。
Dについては経過措置なので問題にはならないはずですが、チェーン展開している
ような大手薬局などであれば尚OKです。

 

参考までに、下記のように社会保険へ加入するメリットは多くありますので、
忘れずに手続きを行うようにしましょう。

 

<社会保険へ加入するメリット>

  • 国保より保険料が安い
  • 将来の年金受取額が増える
  • 障害状態になった場合、障害年金が支給される
  • 死亡した場合、遺族に遺族年金が支給される
  • ケガや出産をした場合、出産手当金や傷病手当金が受けられる

 

3: 扶養内で働きたい人はどうする?

 

自分自身で社会保険に加入して際限なく働きたい方がいる一方で、
年収130万円以内に抑えて扶養内で働きたい方もいるかと思います。
その場合、「扶養内で働くこと」に対して理解ある勤務先を選ぶことが重要です。

 

パート求人数約25,000件(2017年7月)と業界最多を誇るファルマスタッフの求人から
「扶養内勤務OK」の条件で検索をかけると約7,700件がヒットします。
(下記求人は一部抜粋した求人です)

 

<求人例@>

 

<求人例A>

 

<求人例B>

 

求人内容を確認してみると、「午前中のみ・週2〜3日からOK」といった求人が
多く見られ、扶養内勤務に対して理解のある職場も多くあることが分かります。
全体のパート求人数からすると、約3分の1(7,700件/25,000件)程です。

 

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
パート社員として就業する場合、社会保険に自身が加入するか、配偶者の扶養内で
働くかは、個々人の事情によって異なってくるかと思います。いづれにせよ、パート社員は
正社員や派遣社員よりも勤務日数・勤務時間に関して融通は利きやすいので、その
メリットを最大限に活かしてみましょう。

 

>>(関連記事) ファルマスタッフの特徴を詳しくご紹介

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト