薬剤師パートの事情 | 午前中・週2〜3日OKの求人はある?

薬剤師パートの事情 | 午前中・週2〜3日OKの求人はある?

「午前中・週3日OK」のパート求人について詳しく解説!

 

「午前中のみ・週2〜3日」でのパートタイム勤務は、子育てや家庭を優先させたい
ママ薬剤師にはおススメの働き方です。しかし、「短時間勤務OKのパート求人が
実際にどれくらいあるのか?」「いつ頃から再就職活動を始めれば良いのか?」と
漠然とした疑問を抱えている方も多くいるかと思います。

 

当ページでは、そんなパート薬剤師の短時間勤務に関する気になる点について
詳しくご説明したいと思います。また、現在調剤薬局でパート薬剤師として
勤務する管理人のケースも合わせてご紹介します。

 

 

1: 午前勤務OKの職場とは?

 

ママ薬剤師の場合、夕方は子供が保育園や小学校から返ってくる時間の為、
午前勤務または15時勤務を希望される方が多いのが実情です。
そんな日中の短時間勤務OKの職場は、「調剤薬局」が圧倒的に多いです!

 

そもそも、パート求人の8割が調剤薬局だからという理由もありますが、
調剤薬局は土曜日や特定曜日が午前営業のみとなってる店舗も
少ないため、そこのシフトに入れる人を探しているケースが多いと言えます。

 

また、別の理由で午前中勤務OKとしている薬局も多くあります。
例えば、処方箋が午前中に集中する門前薬局や、午前シフトに入れる人が
少ない薬局、派遣薬剤師で一時的に回している薬局などです。

 

ちなみに、夕方勤務OKとしている薬局は極端に数が減ってきます。
調剤薬局の営業時間は長くとも19時という店舗が多く、早いところでは
17時30分に閉店していまう店舗もあります。その為、24時間営業の
調剤薬局併設型のドラッグストアなどの一部例外を除き、夕方勤務が
できる店舗はほんの僅かです。

 

2: 扶養内で働くなら年収に注意!

 

午前中・週2〜3日勤務といった条件で働くことを考えているママ薬剤師の場合、
夫の扶養内で働くつもりの方が大半だと思われます。扶養内で働くのであれば、
「年収の壁」について気を付けましょう。

 

>>(関連記事)パート薬剤師は扶養内・扶養外どちらで働くべき?

 

薬剤師の場合、パート社員といえど他の職種と比べて時給が高い為、午前中や
週3日を基本として勤務したとしても、思いがけず扶養範囲を超えてしまうケースが
よく見られます。特に、2016年以降は、社会保険への加入要件も緩くなったこともあり
「気付いたら夫の扶養から外れる年収額に達し、自分で社会保険に加入する羽目になった」
といったママ薬剤師の方々も続出しています。

 

ですから、勤務先と勤務パターンが決定しましたら、想定年収をキチンと割出しておき、
税金や社会保険といった面で、損をしない働き方を考えておくと良いでしょう。

 

3: 再就職活動は6ヵ月前から開始する!

 

再就職を考えているママさんは、いつ頃から就職活動を始めるのがベストでしょうか?
例えば、保育園入園に合わせて4月から働こうと思っているのであれば、可能であれば
10月〜12月の間に動き始めることをオススメします。というのも、ママ薬剤師の多くは、
1月〜3月に就職活動を始めるのですが、「午前勤務」や「夕方までの勤務」など
希望条件がほぼ似通っているため、短時間勤務OKで出している求人の競争率は
その時期にはとんでもなく高くなる傾向にあります。

 

ですから、短時間勤務OKの職場を探すのであれば、ライバルがまだ動き始めていない
10月〜12月が求人の選択肢が多く、年内に内定しやすいとベストな時期と言えるでしょう。
また、早々に勤務予定先が決定すれば、「就業証明書」を発行してもらうことができるので、
子供を保育園に入れるにあたり有利な立場になれるケースがあります。いづれにせよ、
再就職活動は早ければ早いほどメリットが多いので、ぜひ早めに動きましょう。

 

4: 「午前中・週3日OK」の求人の探し方は?

 

「午前中・週3日OK」を希望する方の大半は、子育て中のママ薬剤師ですが、
調剤薬局・ドラッグストアによって受入れている人材も異なってきますので、
職場選びは慎重に行いましょう。

 

保育園児など小さい子供を抱えており扶養内で働きたいママ薬剤師の場合、
次のような職場を希望すると良いでしょう。

 

<扶養内で働いており保育園児を抱えるママ薬剤師の場合>

  • 子育てに理解がある(= 早退・欠勤しやすい)
  • 扶養内勤務OK(= 年収130万円以内)
  • 繁忙時間帯が午前に集中(= 午前のみ勤務OK)

 

上記を踏まえたうえで、薬剤師求人サイトを利用して求人を検索してみました。

 

薬剤師のパート求人数で、25,000件(2017年7月)と圧倒的なボリュームを
誇っているファルマスタッフで、「扶養内勤務OK」の条件で求人検索を行うと、
約7,600件の求人がヒットします。

 

ヒットした求人をチェックしてみると、「午前中のみOK」や「週2〜3日OK」といった
下記のようなパート求人は意外と多く見受けられることが分かります。

 

<求人例 @>

 

<求人例 A>

 

<求人例 B>

 

5: 管理人の勤務パターンは?

 

管理人の場合、「3年近くのブランク」と「調剤未経験」という欠点がありましたが、
就職希望月の6ヵ月前という早めの時期から就職活動を開始したこともあり、
好条件の職場でのパートタイム勤務が決まりました。

 

ちなみに、管理人が就職活動を行うにあたって、最もお世話になったファルマスタッフに、
必須条件としてお伝えした内容は次の通りです。

 

<必須条件>

  • 自宅から20分圏内の調剤薬局
  • 欠勤・早退が取りやすい
  • 平日週3〜4日、夕方までの勤務
  • 調剤未経験OKな職場(フォロー体制がある)

 

パートとして働く場合、通勤距離も勤務先を選ぶうえで大きな要因となるはずです。
そうなると選べる薬局の数は限られてくるはずなので、出遅れてしまうと余計に選択肢が
減ってしまい、遠い場所の薬局を選ばざるえなくなってしまいます。

 

ファルマスタッフの就職サポートは最大6ヵ月間面倒を見てくれます。
ですから、復帰予定がある程度決まりましたら、早めに相談してしまったほうが有利です。

 

6: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
パートタイムという働き方は、仕事と子育てを両立したいママ薬剤師には最適です。
ぜひ、余裕を持って動き始め、希望条件にマッチする職場を探してみてください。

 

>>(関連記事) ファルマスタッフの特徴を詳しくご紹介


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト