薬剤師パートの事情 | 時給相場はどれくらい?

薬剤師パートの事情 | 時給相場はどれくらい?

パート薬剤師の時給相場を詳しく解説!

 

せっかくパートとして働くのであれば、少しでも時給の高い職場が望ましいですよね。
当ページでは、パート薬剤師の時給相場と時給の決まる要因と、少しでも時給を
アップさせる為のコツを解説したいと思います。

 

パート薬剤師の時給の決まる要因について

 

パート薬剤師の時給は主に次の3つの要素で決まります。

 

<時給の決まる3つの要因>

  • 働く地域
  • 働く職場環境
  • 働く時間帯

 

働く地域

パート薬剤師の時給は、働く地域によって大きく左右されます。
一般的に、薬剤師の数が多く飽和状態となっている東京・神奈川・埼玉・千葉、
名古屋・大阪・福岡などの大都市圏では1,800円〜2,200円が時給相場と言われており、
一方、人手が足りていない地方では、2,500円〜3,000円が相場と言われています。

 

薬学部のある大学は都市部に集中しており、大学卒業後は生活の利便性の高さから
そのまま都市部に残り就職する薬剤師は多くいるのが実情です。その為、地方では
これだけの高待遇を用意しても、なかなか人が集まらない薬局 も多いようです。

 

ちなみに、各都道府県の薬剤師の平均時給ランキングは次のようになっています。

 

  • 1位:福岡県……3,206円
  • 2位:秋田県……2,900円
  • 3位:島根県……2,675円
  • 4位:群馬県……2,588円
  • 5位:栃木県……2,581円
  • 6位:香川県……2,575円
  • 7位:高知県……2,569円
  • 8位:青森県……2,506円

  • 29位:東京都……2,250円
  • 32位:大阪府……2,206円
  • 42位:愛知県……2,044円

 

 

働く職場環境

パート薬剤師の時給が変動する要因の2つ目は「職場」です。
薬剤師が主に働く環境としては、ドラックストア、病院、調剤薬局がありますね。
このうち、どの環 境で働くかによって時給は次のように変わってきます。

 

  • ドラッグストア 2,500〜3,000円
  • 調剤薬局 2,000〜2,200円
  • 民間病院 1,800〜2,200円

 

ドラッグストアでは商品の棚卸、レジ業務、清掃などの雑用業務も通常含まれるので
調剤薬局と比べると業務量は多くなるのが一般的です。また常駐する薬剤師もギリギリの
人数で回している店舗が多いため、時給相場も必然的に高くなっています。

 

働く時間帯

最近では、顧客ニーズに応えるために24時間営業の薬局も増えてきました。
有名どころでは、都市圏を中心に展開しているウエルシア薬局などがありますね。
そういった職場では夜勤や残業が必然的に多くなりますので時給が跳ねあがります。

 

ただ、パート薬剤師の場合、子育てとの両立で昼間のみの勤務を希望される女性が
大半なので、こういった24時間営業の薬局の夜勤帯は比 較的男性が多いのが実情です。

 

時給アップを狙うなら求人サイトを利用する

最近では、ハローワークや新聞広告よりも薬剤師専門の求人サイト経由で応募してくる
薬剤師の方も多いです。求人サイト経由であれば、専任コンサルタントが時給を含めた
条件交渉を代行してくれるので、自身で応募するよりも有利な条件で就職できる可能性が
高いと言えます。

 

管理人のケースですと、担当コンサルタントに交渉代行して頂いた結果、求人票に記載
されていた時給から200円アップ(2,000円→2,200円)となりました。パート薬剤師の場合、
時給が100円違ってくると1ヶ月の給与に数千円の差が発生するので時給交渉する価値は
大いにあるかと思います。

 

とはいえ、時給 を含めた条件交渉を自身で行うのは躊躇われる方も多いかと思うので、
求人サイトの担当コンサルタントに頼ってしまうことをお勧めします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト