薬剤師派遣の事情 | 研修や教育体制はどんな感じ?

薬剤師派遣の事情 | 研修や教育体制はどんな感じ?

派遣薬剤師への研修や教育体制を解説!

 

派遣薬剤師として働きたいけれども、ブランク明けや経験が浅い故に、
派遣先での就業に不安を抱かれる方は多くいらっしゃるかと思います。

 

そんな方は、研修・教育サポート制度の充実した派遣会社を選ぶことが
安心して就業する為には重要な選択となります。また、昨今では派遣先に
よっては教育体制がしっかりしており、長期的に勤務してもらうことを前提として
経験がなくても社員がフォローしてくれる職場も増えています。

 

当ページでは、そんな派遣会社・職場の研修・教育体制についてご紹介します。

 

 

 

 

1: 初めての派遣が不安な理由は?

 

<初めての派遣が不安な理由>

  • ブランク明けでスキルに不安
  • 調剤経験が浅い or 未経験
  • 「派遣」としての就業経験がない

 

ブランク明けでスキルに不安

派遣は、育休明けのママさん薬剤師に向いている働き方です。しかし、いざ派遣会社に
登録して就業する段階になると、長期のブランクから「派遣先で仕事をこなせるかな?」と
不安を抱える方も多いはずです。派遣先の8割は調剤薬局ですが、仮に調剤経験が
豊富であっても、職場が異なれば仕事内容も異なるので慣れるまでに時間がかかる
はずです。ですから、就業前にできる限りの不安を解消しておきたいものです。

 

調剤経験が浅い or 未経験

派遣求人の8割以上は「調剤薬局」での仕事です。派遣は基本的に「即戦力」が前提なので、
調剤経験の有無は重要なポイントになるのは事実ですが、最近では調剤経験が浅いまたは
未経験であっても就業OKの求人も増えてきています。そのような求人の特徴を確認してみると
「長期勤務(3ヵ月以上)」が条件となっており、いわゆる単発(スポット)や短期派遣とは
異なりじっくりと腰を据えて働いてくれる人を募集しています。ですから、調剤経験に自信が
なくとも、働ける職場は意外と多いということです。

 

「派遣」としての就業経験がない

これまで正社員またはパートとして就業し、派遣は初めてという方もいると思います。
勤務先と雇用契約を結ぶ正社員・パートに対し、派遣社員は派遣会社と雇用契約を
結ぶことになります。ですから、給与や福利厚生は、派遣会社の規定に従うことになります。
派遣会社は就業するにあたって、色々な面でサポートしてくれます。特に、派遣として初めて
就業する方に対しては、手厚い研修・教育サポートを整備している会社もありますので、
どの派遣会社を選ぶかはとても重要です。

 

 

2: 派遣会社及び派遣先の研修・教育体制は?

 

派遣会社では就業前・就業中に、様々な研修・教育体制を整備しています。
例えば、薬剤師派遣会社の定番であるファルマスタッフの取り組みをご紹介します。

 

<ファルマスタッフの研修・教育体制>

  • 導入研修
  • キャリア支援研修
  • 保険調剤テキストの支給
  • ファルマスタッフDI室
  • スキルアップ講座
  • ファーマシーセミナー

 

導入研修

 

導入研修は、すべての派遣元事業者に義務化されています。
ファルマスタッフに派遣登録を行うと、派遣JOBガイドを通して派遣スタッフとして
就業する上での基礎事項(給与・福利厚生・薬局での接遇など)を学びます。

 

キャリア支援研修

 

ファルマスタッフの派遣社員として長期的に働く予定の方は、年間約8時間の
キャリア支援研修を受けることができます。基本は、eラーニングを使用した研修
となっており、薬品・疾患に関する実務知識から法律・保険制度に至るまで
幅広い知識を身につけることができます。

 

保険調剤テキストの支給

 

ファルマスタッフでは、登録された方全員に対して保険調剤テキストが無償支給されます。
このテキストはファルマスタッフの経営元である日本調剤が全面監修したテキストであり、
調剤実務や服薬指導などイラスト付きで説明されており、ブランク明けで実務知識を
復習したい方には非常にありがたいです。また、この保険調剤テキストは毎年改定
されているので、法律・保険制度・調剤報酬など最新の情報についてインプットする
ことができます。100ページ近くの内容の濃いテキストなので、就業中も頼りになります。

 

ファルマスタッフDI室

 

ファルマスタッフにはDI室(Drug Information)が設けられています。専任のスタッフが
派遣就業中に生じる薬剤に関する疑問・質問について丁寧に回答してくれます。
ブランク明けの方やペーパー薬剤師の方は、就業中に疑問も多く発生するはずです。
自分で調べたり同僚に訊くのも有りですが、それが可能かは場合によりけりだと思います。
そんなときに心強い味方になってくれるのがファルマスタッフのDI室であり、就業中に薬剤に
関する効能・投与量・相互作用など分からないことがあれば基本何でも応えてくれますので
安心して働くことができます。

 

スキルアップ講座

ファルマスタッフから支給される給与明細と共に、ニュースレターが同封されています。
内容としては、症例や薬剤についての最新情報が特集されており、薬剤師として
知っておくべき情報がまとめられています。直ぐに実務に活用できるようになっている点が
とてもありがたいです。

 

ファーマシーセミナー

ファルマスタッフで就業している派遣スタッフは、日本薬局学会が主催しているセミナーへ
実質無料で参加することができます。全国主要都市20拠点で毎月開催されており、
新薬や最新の治療法などについての講座を受けることができます。認定薬剤師の
単位取得対象にもなっている勉強会なので、認定更新を控えている方にもお勧めです。

 

3: 教育体制の手厚い求人は?

 

教育体制が充実した派遣会社を選ぶことに加え、派遣先の職場での教育体制が
整っているかで、働きやすさは変わってくるはずです。

 

例えば、ファルマスタッフの派遣求人の中には次のようなものがあります。

 

このような職場であれば、ベテラン社員の方が面倒をみてくれるので、
経験が浅くても安心して就業することができるはずです。

 

ファルマスタッフでは各求人の繁忙度やフォロー体制についても詳しく
調査しているので、希望条件として「未経験でも働きやすい職場」と
伝えておけば、経験に見合った求人を紹介してくれるでしょう。

 

また、派遣として就業する場合、就業開始前に職場見学をするのが
慣例となっていますので、就業内容について見学のタイミングで確認
しておくことで双方のミスマッチが防げます。

 

4: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
派遣薬剤師は高時給な為に「即戦力」であることが必須条件と思われがちですが、
長く働いてもらうことを見越して育ててくれる職場もあるということをご紹介しました。

 

派遣会社のバックアップと派遣先のフォローがあれば、ブランク明けやペーパーでも
安心して働くことができますので、ぜひ派遣会社は慎重に選んでください。

 

>>(関連記事)ファルマスタッフの派遣サービスの特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト