薬剤師派遣の事情 | 単発・短期求人が多いのはどの会社?

薬剤師派遣の事情 | 単発・短期求人が多いのはどの会社?

単発・短期のオススメ薬剤師派遣会社はどこ?

 

派遣社員として就業する場合、「単発・短期」と呼ばれ数日のみ(多くの場合1日〜3日)
働くスタイルがあります。数ヶ月単位で働く派遣社員とは異なり変則的なスタイルですが、
「空いている特定の数日間だけ働ける」というメリットもあり、小さい子供を抱えるママさん
にも人気の働き方です。

 

当ページでは、そんな「単発・短期」について詳しくご紹介します。

 

 

 

 

1: 単発・短期派遣のメリットは?

 

単発派遣(=スポット派遣)は、不定期で1〜3日程度働く仕事のことを指します。
正社員やパート社員のように定期で働くのではなく、求人元が指定した特定期間
のみ限定で働くこととなります。

 

単発・短期派遣のメリットは、主に次の5点です。

 

<単発・短期派遣のメリット>

  • 時給が高め
  • 自分の都合で働ける
  • 割り切って働ける
  • 色々な現場経験が積める

 

時給が高め

単発・短期派遣は不定期かつ緊急性の高い仕事ですので、派遣求人の中でも
時給は比較的高めに設定されています。派遣求人全体の時給相場がおよそ
2,500円〜3,000円となっていますが、単発・短期派遣は3,000円以上の求人が
多い印象です。

 

自分の都合で働ける

単発・短期派遣は、求人元が指定した特定の期間のみ働くことになります。
その為、社員・パートのように前もって予定しておく必要がなく、直近で空いている日が
あれば有効活用する形で働くことが可能です。

 

割り切って働ける

単発・短期派遣は、1〜3日の求人が大半です。長くてもせいぜい1週間なので、
派遣先の人間関係が好ましくなかったとしても、割り切って働くことができます。
同一の事業所が、同じ仕事内容で何度も求人を出しているケースもあるので、
もし気に入った職場であれば再度派遣してもらうことも可能です。

 

色々な現場経験が積める

就職先や転職先で迷っており、調剤薬局・ドラッグストア・介護施設など多くの職場を
体験したい方には持ってこいでしょう。数日〜1週間あれば、職場の雰囲気を掴むには
十分な期間なのでリサーチに最適は手段です。

 

2: 単発・短期派遣のデメリットは?

 

単発・短期派遣には、多少のデメリットもありますのでご紹介しておきます。

 

<単発・短期派遣のデメリット>

  • 即戦力が求められる
  • 一過性でキャリアになりにくい
  • 交通費が自己負担の場合あり

 

即戦力が求められる

職場によりますが、基本的に単発・短期派遣は即戦力として期待されることが多いです。
あくまで、現場で不足している人員の穴埋めや、繁忙期の人員補強を目的として
派遣されるので、新卒の方やペーパー薬剤師の方には少々キビシイかもしれません。

 

一過性でキャリアになりにくい

職場によって仕事の流れやルールは異なります。その為、単発・短期派遣の職場で
それらを覚えたとしても、一過性で終わってしまうでしょう。また、単発・短期派遣は
就職・転職の際にキャリアとしてはカウントされない可能性が高いので、あくまでも
給与をもらう為と割り切ったほうがよいでしょう。

 

交通費が自己負担の場合あり

まれに、派遣先までの交通費が自己負担のケースがあります。殆どの求人では、
派遣会社が交通費を支払ってくれますが、あまりに遠方の職場を希望する場合は
一部自己負担となることもありますので注意が必要です。

 

3: 単発・短期派遣の勤務先はどこがある?

 

単発・短期派遣の勤務先のほとんどは、下記のいづれかに該当します。

 

<単発・短期派遣の主な勤務先>

  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 高齢者・介護施設

 

調剤薬局

派遣先で最も多い職場は「調剤薬局」です。派遣求人全体の8割以上が調剤薬局で
残りがドラッグストアや高齢施設・介護施設となっています。全国の調剤薬局の数は、
2017年現在で5万店舗を超えており、地方では薬剤師の数が不足しています。
地方薬局では、正社員やパートの募集を出しても思ったように応募が集まらず、
埋まらない人員枠を派遣で穴埋めしている店舗も多いようです。
その為、単発・短期派遣の求人は、都市部よりも派遣に対する需要の高い地方に
多く存在しています。

 

ドラッグストア

調剤薬局の次に求人数が多いのが、ドラッグストアです。
ドラッグストアの中には、医薬品や日用品を扱っているOTC型ドラッグストアと、
調剤薬局を併設しているドラッグストアの2タイプがあります。また、近頃では
都市部を中心に24時間営業の店舗を展開しているドラッグストアチェーンが
台頭してきました。おそらく今後は、他社もそれに追随する形で24時間営業
の店舗を増やしていくと考えられますので、単発・短期派遣の求人もますます
増えていくでしょう。

 

高齢者・介護施設

高齢者施設や介護施設が増えるにつれて、それら施設への薬剤師派遣も
活発になってきました。仕事内容は、入所者の薬品管理、調剤、服薬相談などが
中心となっています。今後は、高齢社会が更に進むことは明らかですので、
急ピッチで高齢者施設や介護施設が増設されると予想されます。それに伴って
派遣される薬剤師の数も増えるでしょう。

 

4: 単発・短期求人の多いの派遣会社は?

 

派遣求人の数は、登録する派遣会社によって大きく変動します。
条件の良い職場で働きたいのであれば、やはり求人数の多い派遣会社がおすすめです。

 

管理人が個人的にオススメするのが、派遣求人数が業界No.1のファルマスタッフです。
ファルマスタッフは、調剤薬局チェーンで有名な日本調剤グループの傘下です。
親会社の日本調剤には、全国の調剤薬局に対するネットワークがある為、
調剤薬局の求人数では断トツです。

 

例えば、「派遣 かつ 短期・スポット」で求人検索をかけると約7,200件がヒットします。

 

 

ファルマスタッフの派遣求人数が15,000件程なので、約半数近くが「短期・スポット」です。
この数は他社を圧倒しており、間違いなく派遣会社のおススメ度ではNo.1です。

 

5: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

単発・短期派遣は、子育てで忙しいママ薬剤師にこそ向いている雇用形態だと思います。
ぜひ、空いている日・時間を利用して、効率的に働きましょう。

 

>>(関連記事)ファルマスタッフの派遣サービスの特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト