薬剤師派遣の事情 | 時給相場はどれくらい?

薬剤師派遣の事情 | 時給相場はどれくらい?

派遣薬剤師の時給相場を詳しく解説!

 

派遣薬剤師は時給が高いため、正社員やパートと比べて効率的に稼ぐことが可能です。
しかし、派遣薬剤師の時給が高い訳には、いくつかのカラクリがあるのも確かです。

 

当ページでは、そんな派遣薬剤師の時給について取り上げたいと思います。

 

 

 

1: 派遣薬剤師の時給相場は?

 

派遣薬剤師の時給相場は、全国平均で2,500円〜3,000円となっています。
中には時給4,000円を超える派遣求人もあり、パート社員の時給と比べると
およそ1,5倍〜2倍ほどの金額となっています。

 

これ程までに派遣薬剤師の時給を高水準に設定しているのには、
いくつかの理由があります。

 

<派遣薬剤師の時給が高い理由>

  • 即戦力を期待している為
  • 正社員・パートを募集するより安上がりな為
  • 特定の期間のみだけ人員増強したい為

 

即戦力を期待している為

派遣スタッフには即戦力を期待している場合が殆どです。パート社員の場合、
時給が低いこともあり業務も限定的ですが、派遣スタッフの場、担当業務も
正社員と同等レベルであることが多いため、それに見合った時給となります。

 

正社員・パートを募集するより安上がりな為

正社員やパートを新たに雇う場合、「求人募集→履歴書チェック→面接→条件交渉」と
いった一連の手続きが必要であり、決して少なくない手間と経費が発生します。その為、
派遣会社からお墨付きをもらっている派遣スタッフを雇った方が、確実でコストも抑えられます。

 

特定の期間のみだけ人員増強したい為

派遣を利用する目的は、「繁忙期で戦力を増強したい」「正社員を雇うまでの穴埋め」
といったケースが多いようです。その為、長期雇用を前提とした正社員・パートを採用
するよりも、使い勝手が良いというメリットがあります。

 

2: 派遣薬剤師の時給の変動要因は?

 

派遣求人の時給額が変動する大きな要因としては、主に次の3点があります。

 

<時給額が変動する要因>

  • 地域
  • 季節
  • 勤務先

 

地域

パート社員と同様に、大都市圏よりも地方の方が時給が高くなる傾向があります。
その理由は、「人手不足」である為です。昨今、都市部にある大学の薬学部を
卒業した学生は、薬剤師資格を取得後そのまま都市部での就業を希望する
ケースが多くなっています。その為、都市部では薬剤師の供給が十分である一方、
地方では薬剤師の数が不足しています。その為、都市部より高時給の求人を
出さないと、なかなか人が集まらないという切実な状況となっています。

 

季節

派遣求人の時給は、冬場は高く夏場は低いというのが定説となっています。
というのも、派遣薬剤師の需要は冬場と夏場によって変動する為です。
インフルエンザや風邪が流行する冬場は、患者が薬局や病院に多く押し寄せる為
人手不足となりやすい季節でもあります。一方、夏場は処方箋の数が減りますし、
新卒が研修を終えて配属される季節でもあるので、人手が補充されます。
その為、冬場は3,000円〜5,000円の求人が多く出回り、夏場は2,500円〜3,500円の
求人が多く出回る傾向にあります。

 

勤務先

調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業などの勤務先も、時給に少なからず影響します。
一般的に、少人数で回す必要があり、かつ薬剤師本来の仕事以外の業務もこなす必要の
あるドラッグストアは高時給となりやすい傾向にあります。一方、調剤薬局・病院・企業等の
薬剤師の仕事に専念できる環境では、時給は大体横並びとなっています。

 

3: 派遣薬剤師の時給は地域でどれくらい異なる?

 

派遣の時給は地域で異なることに触れましたが、実際どの程度違ってくるのでしょうか。
「高時給求人の多いエリア」「高時給求人の少ないエリア」を確認しておきたいと思います。

 

高時給求人の少ないエリア

大都市部である東京都・大阪府の派遣求人の時給は、2,000円〜3,000円が9割を占めます。
もちろん、3,000円を超える求人も一部ありますが、数は少ないのが実情となっています。
東京都・大阪府には、薬学部のある大学が多く存在するので、卒業生はそのまま都内・府内で
就業しはじめる傾向があります。

 

高時給求人の多いエリア

東北・北陸・北関東お3エリアは、薬剤師が不足している為、派遣求人の時給が
高く設定されています。例えば、山形県の派遣求人の6割が時給3,000円超えとなっており、
秋田県の派遣求人では4割以上が4,000円超えとなっています。つまり、仕事内容が同じ
であっても、地方という理由だけで東京都・大阪府よりも1,000円以上の差が生じます。

 

4: 高時給の求人を紹介してもらうコツは?

 

せっかく派遣として働くのであれば、高時給の職場に勤務したいですよね。
そこで、派遣会社の担当者から高時給案件を紹介してもらう為の
3つのポイントをご紹介しておきます。

 

<高時給案件を紹介してもらう為のポイント>

  • 応需科目の経験をアピールする
  • 忙しめの薬局を狙う
  • 勤務条件を広げる

 

応需科目の経験をアピールする

例えば、自身が勤めていた職場が整形外科メインの門前薬局であるのに、
内科の処方箋を扱う薬局を希望しても、高時給な求人は紹介してもらえません。
高時給の求人を紹介してもらう為には、自身のキャリアが活かせる科目を掲げている
病院・クリニックのそばにある薬局を希望するようにしましょう。

 

忙しめの薬局を狙う

高時給の求人は、「一時的に繁忙な薬局」か「人手不足な薬局」が大半を占めています。
繁忙な薬局で働けることをアピールする為には、過去勤務した職場で1日に受け付けた
処方箋の数や、薬剤師の勤務人数などを伝えると説得力が増します。
例えば、「総合病院の門前薬局で、午前中だけで50〜70枚の処方箋を受付けてました、」や
「シフトの関係で1人で実質2人分の業務量をこなしていました」など具体的なエピソードが
あると担当者もイメージしやすいかと思います。

 

勤務条件を広げる

仕事と子育てを両立する為に派遣を選ばれる方には少々キビシイかもしれませんが、
「遠方の勤務地もOK」や「休日・祝日も出勤可能」などの一定の条件も許容すると、
高時給に該当する求人が多くヒットすると思われます。また、先方の条件を受入れることで、
こちら側の希望条件も交渉しやすくなるケースもあります。

 

5: オススメの派遣会社はどこ?

 

薬剤師派遣求人を取り扱っている企業は数社あります。
ここでは、大手4社の情報を比べてみたいと思います。

 

<大手薬剤師派遣会社4社>

  • ファルマスタッフ(親会社:日本調剤)
  • アプロドットコム(独立系)
  • ヤクジョブ(親会社:クラシス・クラブオフ)
  • 薬キャリ(親会社:エムスリーキャリア)

 

上記4社の派遣求人数を比較すると次のような結果となります。

 

<4社の求人数比較(2017年7月)>

求人種別

ファルマスタッフ
(日本調剤)

アプロドットコム
(独立系)

ヤクジョブ
(クラシス)

薬キャリ
(エムスリーキャリア)

調剤薬局 約13,500件 約10,300件 約6,000件 約2,150件
ドラッグストア 約1,400件 約1,450件 約1,000件 約250件
病院・クリニック 約60件 約5件 約30件 約20件
その他 約40件 なし 約5件 約10件

 

 

大手4社の中で、派遣求人が圧倒的に多いのがファルマスタッフです。
2017年7月時点でおよそ約15,000件の派遣求人を保有しており、
2番手のアプロドットコムに3,000件近くの差をつけています。

 

ファルマスタッフは、調剤薬局チェーン第2位の日本調剤の子会社である為、
全国津々浦々に存在する調剤薬局の求人を網羅しています。
また、3,000円以上の高時給求人数が15,000件の半数以上となっており、
質の良い求人が多いのも特徴です。

 

6: まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

派遣薬剤師は、お金を貯めたい方、ワークライフバランスを重視する方、仕事と子育てを
両立したい方など多くの人に適した働き方と言えます。

 

管理人もお世話になったファルマスタッフでは、担当コンサルタントが数多くの求人の中から
希望条件とスキルに合ったものを紹介してくれます。福利厚生も非常に充実した会社なので
ぜひ候補の1つとしてオススメします。

 

ファルマスタッフの特徴を詳しく紹介ページもありますので、合わせてチェックしてみてください!

 

>>ファルマスタッフの特徴紹介ページ(派遣)


ホーム RSS購読 サイトマップ
サイトTOPへ パート求人数No.1の求人サイト 派遣求人数No.1の求人サイト